▶まず最初に読んでほしい10記事◀

「商業BLが好きな人って何を基準に選んで買ってるの?」という疑問にお答えします。【腐向け】

これが最近の私。どんどん新しい漫画を読まないと生けていけなくなりつつある。

半年前まではBL漫画がどこに売ってるのかも知らない程知識のないだった私が、今では”BL漫画の選び方”なんて記事を書いてるところまでやってきたと。

ハマるってすごいな・・・、楽しい。(*’ω’*)

商業BL探しはもはやロマンだった。

私が個人的に、「商業BLって面白いな・魅力を感じるな」と思う点は「どんな作品が有名なのか・どの作品が人気なのか」がわからないところにあると思った。

 

というのも、例えばアニメに知識がない人でも、現代を生きているとなんとな~く

「最近はどこの店でも鬼滅の刃グッズで溢れてるから、きっと流行ってるんだろうな」

「観たことないけどワンピースってずっと人気だよな」的な情報が入ってくる。

 

それに比べて”ボーイズラブ”というジャンルは、そもそも世間的にどーーーんと売り出されていない。

アニメイトやアニメグッズが多く売ってる店に行ったり、アニメや漫画のサブスクから情報が入ってくることはあるが、基本的に自分からBLジャンルの近くに行かないと情報がわからないわけだ。

 

よって、普通に生きている人のBL知識はほぼ0に等しい。

 

私が初めて商業BLを買ったときも、そんな知識のない状態で「とりあえずBL読んでみたいから何かしら買ってみよう」の気分で漫画を探してみた。

本当に知識が無いので、どの漫画が人気なのか、どれが新しいのか、何もかもわからない。

そうなってくると、まずは自分が好きな絵で1冊買ってみたわけ。実際に読んでみた→終始ニヤけた。

 

そこでまた他の作品も読んでみたい!と本屋に行く。(あえてどの作品が人気かは調べずに)

そして読む、「ん・・・ちょっと違う」初めて買った漫画と比べるとしっくりこなかった。

 

これを繰り返すうちに、「自分の好みの作品を自分の感覚や好みだけで探していくの、超楽しいんだが!」とBL漫画を読む以前に、好みの漫画を買い当てることに楽しみを覚えた私だった。

個人的なBL漫画の探し方

ここからは個人的にどうやってお気に入りを探しているかを紹介。

ひたすら本屋で好きな絵を探す

まず、一通り背表紙を見ます(BLコーナーの漫画全部)。

そこから可愛かったりオシャレな背表紙、タイトルが気になるものの表紙デザインを見る・・って流れ。

個人的にタイトルに”幼馴染”と入っていたらほぼ100%確認します。(笑)

幼馴染系の話がいちばん可愛い。(学生同士だから過激にならん)

▲私が持っている幼馴染の話

基本学生同士の話が好きで、幼馴染か先輩後輩関係。過激な話ではなく、両思いになるまでの話が個人的に好きなので自然にそうなる。

そして色んな作品を読みまくっていると、この絵のタイプは過激になりそうとかそうではなさそうとかがわかってくるレベルに成長した。

最初買い始めたときはしっくりくる作品にたどり着けないことが多かったので成長(笑)

登場人物の性格・あらすじを把握

絵が気に入ったらどんなキャラが出てくるのかを帯や裏表紙で確認。

▲こういうやつ

”尽くすの大好きワンコ系男子×本当はさみしがりやな美人系男子”的な。

BL漫画は基本×という感じで、どんなキャラが出てくるか表記されていることが多い。

▲他にもこんな感じ。

そこを見て、ある程度あらすじが把握できるので(妄想で)そこから読みたい漫画を選びます。

例えば先生×生徒の場合、Sな先生×Mな生徒だと買いません。理由は年上がSだと100%過激になるから。

逆に先生が好きな生徒×一般的な先生だと好きです。生徒(年下)が年上を振り向かせる姿が絶対に可愛いから。

漫画を買う段階からストーリーを想像できるだけで楽しい。

絵とキャラ以外に選ぶポイント

絵が好みだったり、キャラがタイプだったり・・・の他に「これいいかも」と思うポイントがあります。

私の場合重版という言葉が書かれているとまんまと引っかかります(笑)

▲こんなの。

重版というのは、最初に売り出した冊数より売り上げが出たから、追加で売り出している・・ということなので、要は比較的人気作品ということ。

あとはドラマCD”という言葉にも引っかかります。

▲こんなの。

ドラマCDはその漫画にあるシーンを声優さんがアフレコしている・・・ということ。

要はその作品を読み終わった後に、声優さんの声でそのキャラたちの会話が聴けるということ。

私自身、元々漫画よりアニメの方が好きなので、ドラマCDを聴くことで脳内で映像化されてよりその作品を楽しめて好きです。

おすすめ漫画はこちら>>【BL初心者向け】エロくないおすすめBL漫画10選!過激なしの純粋キュンキュンボーイズラブ

帰って、読んで、その後。

買うまでが既に楽しいんですが、やはり買ってからも楽しいです。

そもそもBL漫画って割と良いお値段するんですよ、安くて600円代、800円代もざらです。

なので良い作品を引き当てたときの満足感がすごい。

 

まず一通り読み終わった後に、裏表紙をチラ見します。裏表紙に漫画とか描かれていたらなお最高。

裏表紙まで楽しんだら、透明のブックカバーつけて丁寧に保管します。

関連記事:BL漫画に透明ブックカバーをつけて保管したい!100均より安いブックカバー紹介!【レビュー】

 

読んだ後に、「今回は当たった~~♡」と一人で盛り上がり、盛り上がった後でその漫画家の情報を調べます。

当たった=その人の作品全般好みってことが多いので、他の作品をメモしておいて、次回本屋へ行ったときに買ったりします。

他にも、「想像以上に内容がエロくて個人的に読みにくかった・・けどこの絵は本当にきれいで好きなんだよな~!」ってときも漫画家情報を調べます。

偶然その漫画が過激だっただけで、他の作品はもっと違う内容かもしれないので。

 

というふうに、まずは買って、そこから読みたいジャンルや気になる漫画家さんを見つけていきます。

お気に入りの1冊を探してみて

以上、私の個人的な商業BL漫画の探し方でした。

自分の好みばかりを買っていると自然と幼馴染ものが増えたので、BL好きの知り合いにおすすめを聞いてそれを読んだりしているところです。

知り合いの趣味が分かって面白いのと同時に、やっぱり私は幼馴染ものがいちばんかもしれないと実感しているところであったり。

 

私自身「最近このアニメ人気だからとりあえず観ておこう」的な感じで作品に入ることが多かったので、1から自分で探す楽しさを身に染みて感じております。

自分が探し当てた作品が最高にキュンキュン出来る作品だったときの感動と喜び、楽しい。

 

このブログでは何度も言ってますが、『鯛代くん、君ってやつは。』を超える作品は未だ発掘出来ておりません。発掘出来次第、紹介します。

それでは!

 

関連記事:彼氏いない22歳女、休日はひとりBL漫画を求め古本屋巡りをして過ごしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA