▶まず最初に読んでほしい10記事◀

趣味は捨てること。お風呂の蓋、洗濯カゴ、人間関係、捨て始めると止まらない。

私は”捨てる”ことが大好きだ。

捨てるたびに得る快感から抜け出せない。

 

美味しいものを”食べる”ことが好きな人、
部活やクラブで”運動する”ことが好きな人、

それと同じ感覚で、”捨てる”ことが大好きな私。

 

別にミニマリストを目指しているわけではない。

欲しいものは欲しいし、漫画だって集めている。

 

最低限のモノだけで暮らす必要性は特にないんだけど(個人的に)、捨てる快感に気づいてからはミニマリストのような生活になりつつあるのかもしれない。

もしかしたら、こういうのもミニマリストと呼ぶのかはわからないが・・

 

捨てることにハマったきっかけは、一人暮らしを始めてから。

部屋に虫が出たときに、物が多かったらどこに逃げられるかわからない。

そしてあまりにも引っ越し作業がめんどくさかったので、今後もし引っ越すことがあった場合、物が少ない方が引越ししやすいから。

そう気づいて、最初はとりあえず使ってないものをひたすらに捨ててみた。

 

片付け終わった部屋を見たとき、「♪」と思った。

思わず出てきた音符マーク。笑

 

すっからかんになった部屋のシンプルさ、
目が疲れない静かさ、
散らかるものすら、ない。

 

・・・・・良い!

まだ、まだ何か捨てたい!

 

この繰り返し。

私の部屋はすでに生活で使わないものは捨てているので、これ以上捨てられるものはもうほぼ無い。

しかし「捨てたい」という欲が収まらない。

 

片付ける必要がない部屋を、休日になるたび片付ける。(もう片付けは趣味の域)

部屋のものを隅から隅まで一つずつ手に取って、見て、捨てるか悩む。

 

毎週毎週、何かを捨てる。その快感。

 

捨てたい、捨てたい、捨てたい!

 

最近捨てたもので、爆発的な快感を得たものは3つ。

 

お風呂の蓋、洗濯物を入れるカゴ、洗い物を乾かす用のカゴ。

これは・・・・上がった。

 

「普段使っているものだけど、本当はいらなくても良いものだったな」と気づけて捨てた3つなので、得た快感が尋常じゃなく大きかった。(もはや性癖なのではと思える言い回し)

 

お風呂の蓋に関しては、考えてみると正直需要が無かった。

一人暮らしなので、別にお湯を張って放置することもないし、あってもカビが生えて掃除するだけだった。

毎日お風呂で動画を観るために蓋を使っていたが、お風呂のふち部分にもスマホは置ける。

あの大きな蓋を捨ててから、
お風呂がすごくスッキリして広くなった。

椅子も洗面器もすでに捨てているので、本当に広くてスッキリ。

 

洗濯カゴは、わざわざ洗濯カゴに洗濯物を入れず、洗濯機に直接入れればいいだけの話だった。

今まで使った洋服は洗濯機にぶち込んで、下着や靴下の小さいものは後から分けたいのでカゴに入れるようにしていたんだけど・・

クリップ的なものを洗濯機に直接挟んで解決。

我ながら画期的で、これをすることによってカゴが捨てられた。幸せ。

 

最後、洗い物をかわかす用のカゴ。

これに関しては、洗ったらわざわざそこに入れず、濡れてもいいタオルを敷いてそこで乾かすことに。

 

読まない本や、使ってない化粧品などはよく捨てるんだけど、こういう生活用品をこんなにまとめて捨てられたことが久しぶりで。

文章に表したいぐらいの快感を得たわけである。

 

とはいっても1年間毎週のように何かを捨てていると、さすがにそろそろ捨てるものも無くなってきて。

自然とミニマリスト化している私。

 

365日、自分のためにある部屋なんだから最大限自分のこだわり抜いた部屋にしたい。

何もない部屋が、とにかく落ち着くし幸せだと思える。

 

モノを部屋に置きたくなくなると、買いたいものも自然と減るわけで、
簡単にモノを買わなくなったのも大きなメリット。

 

今後はカーテンや布団カバー、タオルも全て白に統一していこうと計画中。

持ち物全てをこだわり抜いたお気に入りのモノで過ごすのが夢。というか目標。

 

今自分の部屋でのこだわりは、とにかくシンプルに、そして生活感を出さないこと。

唯一この本棚の一角だけは”好き”を溢れ出せるスペースにしている。

 

そして部屋はアールグレイの香り。

普段あまり感じないんだけど、朝起きたときにふわっとアールグレイの香りを感じられる幸せがたまらん。

 

シンプルを目指しているというか、捨ててたらシンプルになった部屋。

どれだけおしゃれな部屋や、こだわりぬいた部屋を見ても、自分のこの部屋がいちばん好き。

要らないものがないから、好きなものしかない部屋。

 

最近はモノだけでなく、人間関係もわりと捨てている(こういうと言い方悪いが)。

 

大きな変化だと、インスタグラムのアカウントを削除したこと。

インスタをやめてからとにかく生活しやすい!と言いたいところだが、やめたことに忘れているほど。

まぁ、インスタを監視していた時間はたぶんアニメの視聴時間になっている(笑)

が、人の愚痴や色んな情報を入れるよりはとてつもなく有意義な時間になった。

 

インスタをやめてから、普段LINEしない人達から連絡が来るようになって面白い。(感謝)

この時代に止めるとなると、悩みがあったり病んで止めたと思われるらしく、みんな心配してくれる。ありがたい。全然そんなんじゃないです。

詳しくは→インスタやめるか迷う…インスタをやめて得た7つのメリット。SNS疲れとさよなら。

 

私の中で”捨てる”ということにハマってからいろんな場面ですごく良いように進んでいる。

生活にしろ、人間関係にしろ。

持っているものが多いと自然と考えることも増えるし、何より捨てた瞬間の解放感は大きい。

 

ただ、捨てることが良いっていうわけじゃない。

「みんなも何かしら捨ててみよう!」ということを伝えたいわけじゃなく、
「本当に好きなものだけを持って生活してみて?」って感じ。

私も欲しい服やアクセサリー、漫画だけはいくらでも買うようにしている。

その他のところは控えめに。

 

最近の私の趣味は、

本屋で一目惚れしたBL漫画を読み漁ること、

プリチャン(女児向けアーケードゲーム)で遊ぶこと、

捨てること。

 

・・・果たして私は何歳だ。

 

そんなところで、今日はこの辺で。

ただ私が捨てることにハマっているというお話でした。

 

関連記事:【体験談】断捨離で得た5つの効果!一人暮らしで断捨離するべき本当の理由とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA