テーマパークのバイト、興味あるなら絶対やるべき!経験者が語るメリットや大変なこと。

テーマパーク

みなさんこんにちは~(^^)

ようこそ”なつすたいる”へ~(^^)

テーマパークのキャストのお話ということで笑顔で対応しております~(^^)

※めんどくさいのでここまで。

 

私はとにかくテーマパークが大好き!!です!!

このパークにめちゃくちゃ詳しい!とか、そういうのではなく、ただただ”人が作り上げたあの素敵な世界観を醸し出している空間が好き”な一人です。

ディズニーはもちろん大好きですが、テーマパークの雰囲気自体が大好きです。

 

そうすると「テーマパークの裏側ってどんな感じなんだろう、どうやってこの雰囲気を作り出しているんだろう、見てみたい!」という気持ちが芽生え。

学生時代、某テーマパークでバイトを始めました。

 

私はチケット売り場のキャストとしてアルバイトをさせてもらいました。

そこで感じた実際のテーマパークの仕事の大変さや楽しさを、今回はみなさんにお伝えしていきたいと思っています。

 

それでは、

いってらっしゃーい(^^)

なっつみ

機会があれば絶対に働いてみるべき☆!

実際に働いてみて思ったこと

結論、めちゃくちゃ大変なのかと思っていましたが特に大変だとは感じませんでした。(仕事内容による)

裏の世界を見てより好きになった

テーマパーク

働いてみて思ったのが「私はやっぱりテーマパークが好きだああああ(´;ω;`)」と思いました。

夢が壊れる要素は一つもなかったです。

むしろキャラクターたちもまんまキャラクターでした。より好きになってしまった。詳しくは語りませんが。

キャラクターの中身をしている人たちは相当なルールがあるんだな、と実感。

キャラが大好きなので、キャラに会うためにバイトに行っていたようなものでした。

元キャストの一言
「テーマパークの裏側を見てみたい!」という気持ちで入社した人程、夢は壊れない気がします。逆にそこまで興味のない人が入社すると想像と違うので「あ・・・こういう感じね」ってなってしまうイメージ。

なっつみ

全然夢が壊れることなんてなかった!

テーマパークに詳しくなった

テーマパーク

ゲストの方からたくさん質問される機会があり、毎日そのパークについての知識がついていきました。

知識が付くたびにどんどんそのパークが大好きになっていくんですよね。

私は「なんでこんなに魅力的で素敵なパークなのにもっと有名にならないんだ・・・」と思いながら働いていました。地方のテーマパークだったので。

どうしても認知度的にディズニーやユニバが目立ちますが、どのパークにも個々の魅力があって、素敵な場所です。

元キャストの一言
そのパークに対しての研修なども組まれるので、自然と知識が増えていきます。

なっつみ

愛着が湧くんだよね~~

コスチュームが可愛い

テーマパーク

普通のバイト、例えば飲食店やスーパーのバイトをしても絶対に着れないようなコスチュームを着られるのがメリットでもあります。

いざいつもとは違う非日常的な衣装を着ると、テンション爆上がりです。(笑)

自分もこのパークの一員なんだ!!!って気分にさせてくれて、とってもお気に入りでした。

季節によって服装も変わるので、季節が変わるのを楽しみにしてました。

なっつみ

いつかアトラクションキャストのコスチューム着れないかな・・・

お客さん(ゲスト)が笑顔

テーマパーク

私が学生時代に働いていたバイトは、王将、すき家、居酒屋といった”スピード勝負飲食店”みたいなところがありました。

そうすると、割と怒ってくるお客さんが多いんですよね。

「頼んでるのまだ?」

「申し訳ございません、もう少々お待ちください」

その世界しか知らなかった私がテーマパークのゲートに立った初日の衝撃。

・・・みんなめちゃくちゃ笑顔なんですけど。。。

びkkkkkkっくりしました。

まあ今から遊びに行く人で怒っている人なんていないのが当たり前かもしれませんが。

なっつみ

居酒屋のお客さんとは違う客層(笑)

社割や特典が最高すぎる

テーマパーク

社割がとにかくお得で、こんなバイキングも200円ほどで食べ放題でした。

パークにもよりますが、チケットが配布されたり安く買えたり、パーク内の食事が買えたり。

私の行ってたパークは、パークの売店の裏の部屋に休憩室があったので、毎日賄いをパークフードから選んで注文することが出来ました。

なんて素敵な待遇!

毎日パークフードが食べられるなんて。

 

そして何よりも好きだった特典が、こちら。

テーマパーク

大江戸温泉、無料。

今後どこで働いても、これ以上の待遇はないんじゃないか・・・。

とにかくテーマパークのキャストは天気に左右されます、理由は外での仕事が基本だから。

夏は大量に汗をかき、冬は激寒の中働いた後、勤務後必ず大江戸温泉へ駈け込んでのんびりする。

こんな生活を毎日していました。自慢すぎる。

むしろ「勤務が終わったら温泉!がんばろ!」のモチベーションで毎日働いていました。

なっつみ

毎日温泉に入れる生活、幸せだった・・・

仕事内容って難しくないの?

はい、難しくありません。(即答)

聞かれる質問はほぼ決まっている

テーマパーク

ゲストから聞かれた質問に答えられないこととかないの?とよく聞かれますが、基本なかったです。

チケット売り場に立っていれば、チケット関連の質問か、帰りのバス停の場所や時間、コインロッカーの場所、など、質問内容は基本同じ。

最初の研修で”よく聞かれる質問集”を見せてもらえたので、特に困ることはありませんでした。

むしろ、質問に答えられるたびに「自分パークのことよくわかってるぅ♪」とテンションが上がっていたので、内心「誰か質問してくれないかな~」の気持ちで立っていました。(笑)

しいて言うなら気温の問題

テーマパーク

働いていて嫌なことや大変なことはほぼありませんでしたが、しいて言うなら天気(気温)のこと。

とにかく暑い、暑すぎる。

そして寒すぎる。

チケット売り場のゲートに立っていたので、歩き回れないのが落とし穴でした。

もう少し動きのある業務なら、寒いと歩き回って温まれるのですが立ちっぱなしはきつい。

冬は余裕でマイナスの気温だったので、この仕事をしてから気温に関してはある程度どんな仕事も余裕だろうなと思ってます(一般的な仕事)。

ヒートテック4枚、トレーナー2枚、靴下2枚は当たり前の世界でした。

元キャストの一言
テーマパークにもよりますが、体調管理をするための対策を徹底して行ってくるのでそこまで心配はありません。自分との戦い!

よりテーマパークを好きになった

テーマパーク

このバイト時代が楽しすぎて、今でも戻りたいなって思うことがよくあります。

とにかく人も良い人ばかりで雰囲気も良かったので、あんなに居心地のよかった場所は今までにないかもしれない。

テーマパークで働いていると、いろんな裏方の仕事の方と関わる機会が増えてすごくいろんな話が聞けました。

パレードカーを運転してる方の話とか、グッズ担当の方とグッズの話をしたり・・・

とにかくテーマパーク好きな方なら、絶対に一度は働いてみるべきだと思います!

個人的には興味ない人にも、好きになってもらうために働いてみてほしいけど。。。

 

以上、元チケット売り場のお姉さんからのお話でした。

 

では、またお会いしましょう(^^)

いってらっしゃーい(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA