初訪問の方はここをクリック

【感想】一年後の自分へ手紙が送れる『自由丁』へ行ってきた|値段やシステムはどんな感じ?

私は手帳を書くことが大好きなので、以前”東京 手帳が書けるお店”みたいな感じのキーワードで検索をかけたことがありまして。

そのまま色々調べていると、その流れでなにやらめちゃくちゃ興味をそそるお店を発見しました。

”一年後の自分へ、手紙を書けるお店”

……もう好き。大好き。

刺さりまくりなコンセプト。どうやらカフェというわけでもないっぽい?(わからんが)

 

今日は何もない休日で、一旦スタバでブログでも書くか~のノリで人形町のスタバで作業をしてたんですが。そういえばあのお店ここから近くじゃなかったっけ?

と思い立ち、2時間後に速攻予約をして行ってきました。(‘ω’)ノ

なっつみ

ずっと気になってたお店!

▶公式ホームページはこちらから

『自由丁』で来年の自分へ手紙を書いた。

落ち着いた店内で自分と向き合う

お店に着いて「予約したんですが……」とお店の方に。ちなみに平日は13時から営業らしく、私は14時に予約をして行ってみました。入店してから帰るまで、店内は私のみでした。

カウンダ―席に通されました。店内はカウンター4席と、奥に椅子が4つあるテーブルのみ。

店内にはいろんな言葉や本が置いてあります。

自由丁ではいくつかの過ごし方を選ぶことが出来ます。ひと月の日々を振り返ったり、休憩や仕事をする作業時間にしたり、一年後の自分へ手紙を書いたり。

どうやって過ごすか、がメニューの様になっているので過ごし方によって料金が変わってきます。

私は「TOMOSHIBI LETTER」という一年後の自分へ手紙を書けるプラン(?)で予約していたので、書きます。

MEMO
予約なしでも行けるみたいですが、予約して行った方が確実なのでおすすめ。公式ホームページから簡単に予約出来ます。

なっつみ

落ち着ける店内、最高。

「TOMOSHIBI LETTER」を楽しむ

この手紙を書くプラン(プランといっていいのかわからんが他の表現方法がわからん)の中でも5つの内容の中から選ぶそうです。※以下画像を見てね

私は3つ目の”答えを探す、きれいな夕暮れ時の自由丁”というものを選択。「やりたいこと、なりたい自分、叶えたい何かをじっくり考えたいときに。」それしかない。(笑)

1セット2970円で、最大2時間書くことが出来ます。

このセットの内容は、真っ白の自由帳、ポストカード、自分への手紙を書く紙、リフレクションカード(色々質問が書いてある)、封筒、自由丁オーナーのエッセイがついてきます。

セットの詳しい内容(中身)はぜひ行って確かめてみて下さい。どうせならどんなことを書いたか記憶を消したいのであまり写真で残したくないので(笑)

ちなみにドリンクが選べました。珈琲やほうじ茶など、メニューは口頭で説明されたので詳しく覚えていませんが私は生姜紅茶を頂きました。

ここにある色鉛筆やペンを使って自由に書くことが出来ます。文房具も用意されているので手ぶらで行って大丈夫かと思います。

ただ「手紙として送りたいものを全て封筒に入れて下さい」と言われました。

要はセットについてたカードや白紙の紙も入れたければ全部入れていいよ、という意味なのですが。最近撮った写真なんかを一緒に入れてもいいな~と思ったので、もし入れたいものがあれば持って行くのもありかもしれません。

 

セットでついていたリフレクションカードがあったのですごく書きやすかったです。例えば「あなたが最近ワクワクすることは?」「一年後も変わってほしくないことは?」の様にいくつかの質問が書いてあり、それに答えながら書き進めることが出来ます。

 

いざ自分が思っていることを文章に起してみると、気付かなかった発見や、「これのことしか考えてないやん」みたいな新たな気づきが出来て楽しかったです。

大体1時間20分ほど使って真剣に書きなぐりました(笑)

なっつみ

自分と向き合う時間大切!

書き終わったらシーリングスタンプで封を

書き終わったらお店の方に一言声をかけて、シーリングスタンプの用意をしてもらいます。

この準備や固まる時間で10~15分ほど時間をとるため、もし急ぎだったりする場合はその時間を考えながら手紙を書いてねとのことでした。

好きな色を選べたので、私は水色っぽいものと、銀の光沢があるものを混ぜて作ってみました。

4種類まで混ぜても良くて、単色でもいいみたい。悩む人はここめちゃくちゃ悩みそう(; ・`д・´)

ちなみにスタンプの柄は自由丁のロゴマークか、アルファベット(たぶんA~Z)で選べたので、私は記念に自由丁のロゴマークを選択。

ん~~~~~可愛い!!!!

お店の方が一人で来られた方は写真撮れないから、と動画を撮ってくださいました。優しい、ありがたい。

 

これが一年後、私のもとに届くみたい。ちょっとしたタイムカプセルみたいで楽しみです。

なっつみ

楽しみだな~!!

自由丁で自分と向き合う時間を。

お店の外にある”ほんとはわたし、、、”というボードに「良ければやりたいことなんかを一言書いてください」と言われたので迷わず書いてきました。

というわけであっという間の2時間。普段あまり作ることの出来ない自分と向き合う時間を作ることが出来てとても充実しました。

そしてお店の方がすごく親切で優しく、色んな話を聞いてくれて過ごしやすかったです。

手帳とか文房具好きな方はすごく刺さるお店じゃないかな、、、!

すごく充実した時間を過ごせると思うので、ぜひ行ってみてほしい。

 

こんなお店はどう?▶珈琲を頼めば神からの預言が聞ける『預言カフェ』へ行ってきた。私は神に作られたお姫様だったらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA