【観劇レポ】劇団四季『アラジン』をクリスマスに一人で観てきた。

劇団四季アラジン

12月24日の時点でクリスマスの予定がない22歳女。

あえて入れていた居酒屋バイトも”売上出なさそうだから25日やっぱ無しで!ごめんね!”。こんな辛いことがあるのか。バイト先にも歓迎されないなんて。

 

こんな自分のテンションをどうにかいたわってあげるために何をしようか考えた結果。

そうだ、劇団四季へ行こう。

劇団四季なんて、半年前ぐらいからチケットを取っておかないと観えないような特別なイベントだと思っていた私ですが。最近はコロナの影響でチケットがとてつもなくとりやすくなっていました。

なんと24日の夜20時ごろ、明日(25日)の昼の部がとれてしまう現実、しかもアラジン!

それに加えてGotoキャンペーンで2000円ほどチケットが安く買えてしまうという・・・いいのか、こんなに贅沢なことをさらっと決めてしまって。

ということで、一階のS席を通常なら12100円のところ10100円で購入することが出来ました。

テンションを上げるために劇団四季アラジンのアルバムを聴き始めて、準備ばっちり。

※最初に言っておきますが私は特に劇団四季に詳しいわけではなく、記事を書くにしてはにわかすぎるので今回はただただ感想を書き綴っているだけということをご承知ください

なっつみ

最高すぎて語りたい!!

劇団四季アラジンのおすすめはS席

私は過去に『リトルマーメイド』と『キャッツ』を観劇して、今回人生の中で3回目の劇団四季となったのがこの『アラジン』です。

劇団四季アラジン

過去の2回は「劇団四季ってどんなんだろうな」ぐらいの興味本位だったので、とにかく安い席を求めて購入したチケットでした。

今回はGotoで安くなるということと、自分へのクリスマスプレゼントということで質を求めてS席にしてみました。

それはそれは近いといったら・・・そして想像していたよりもステージ、会場自体が狭く大迫力な予感。

元々ディズニーランドなどでショーやパレードを観るのが好きなのですが、コロナの影響で2020年は自分の視野の中に”派手なステージ”を入れる機会が少なくなっていました。

約1年ぶりぐらいに自分の視界が派手派手で特別なものになると思うとワクワクがとまらない!そして劇団四季のアラジンは全曲完璧に暗記しているのでより楽しみ!

過去のリトルマーメイドとキャッツは、微妙に聴いて行って、観た後に毎回「絶対聴きこんで行った方が楽しかった」って思いました。

劇団四季アラジンの豪華すぎる曲目

観終わった感想は一言で「やばい」。まじで、やばい。なんで東京に住んで3年目になりそうな今の今まで一度も観ずに過ごしていたんだろう。もったいね~~~

オーバーチュア

いやまさかオーバーチュアで泣くとは思わんよ。思わんけども、泣けたんだ。オーバーチュアというか始まるときのジーニーの声だけ挨拶で「大笑いしてってね~」みたいな一言を言われ。その一言で泣ける精神状態。

そしてあの幕がいろんな色に光るたびにワクワクが募る。本当に久々に舞台というものを観える楽しみと言ったら。

アラビアンナイト

アラビアンナイトってこんなに素敵な曲だったか??生ジーニーが思ったよりかっこよくて、声も素敵。いい感じの適当っぽく見えるジーニーの動きがすごくかっこいい。

そしてアニメっぽく、アラジンとジャスミンもでてくるあの感じ。今から物語が始まるよっていうのがわかる演出。この1曲を聴けた段階で、すでに満足感がすごかった。そしてキャストみんなでのアラビアンナイトのコーラスの大迫力が苦しい。

これはこの2時間、ジーニーに見惚れること間違いなしだ・・・と思って物語が始まったんですが、

逃げ足なら負けない

え、アラジンもかっこいいいいいいい(´;ω;`)

めちゃくちゃかっこいいすぎて抑えられないニヤけ。そもそもアラジンのあの悪っぽい服装が好きなんですが、動きがアニメそのもの。実写版映画のアラジンでもこの曲の場面のアラジンがめちゃくちゃかっこよかったけど、あのシーンがリアルで目の前に現れている感覚。

なによりなんて素敵な歌声・・・。ひさしぶりに推しのことしか目で追えないあのアイドルのライブの感覚を思い出した気がする。全体を見たいのに気づいたらアラジンしか観えてない。

バブカック、オマール、アラジン、カシーム

劇団四季のアラジンは、アブーの代わりにバグカック、オマール、カシームというアラジンの親友が登場するのですが。まって~最高に可愛いんですが。

女子ならわかってくれると思うんだけど、女子が好きな”男子の集まり”感がすごい。どうやって表したらいいんだ、この表現。男の子4人がわちゃわちゃしてるのを「無邪気で可愛いなぁ」と遠目から見ているあの感じ。母性働くやつ。(笑)

4人のキャラも全然違うのに、それがフィットしてとにかく可愛い。やっぱ男子の集まりっていいよなぁ。

理想の相棒‐フレンドライクミー

はい、神曲。

そもそも寄せてるのかそういう人を選んでるのかは知らないんだけど、まず声がほぼ山ちゃんみたいなジーニーなんですよね。てかあの声のトーン、しゃべり方でずっと演じているのが本当にすごい。

演出も凝ってて、光の感じとか煙の感じ、たくさんのキャストが出てきてとにかく豪華でゴージャス。ジーニーの性格丸出しのセリフがふんだんで、こんなに観ていて楽しくて感激する曲はみたことない。ステージが狭いので余計密になって迫力がすごい。

アラジンの驚きながらも楽しんでいる感じや、ジーニーの「俺を見といて」感も最高に可愛い。音源を聴きこんでいたからこそ、生歌を聴くと違う部分やもっと気持ちが入った歌い方になっているところとか、とにかく楽しい。

プリンスアリ

ジーニーが歌っている時点で最高に楽しい曲ってことは知っていたけど、こんなに迫力ある歌だったとは。

そしてこの頃にはもうアラジンの魅力の虜になっている私なので、「え、アラジンまだ?まだでないの?」とアラジンの出番を待ち続けていた自分。

最後の最後に出てきたプリンスアリことアラジンは、マントを広げてキラキラな衣装で王子と化していまして。なんて素敵なんでしょう・・・。

危険な冒険

アルバムを聴いていた段階では、プリンスアリの後は特に気に入っていた曲がなかったので(私の好み)聴きたかった曲はもう全部出尽くしちゃったなぁ、という気分だったのも束の間。

危険な冒険、最高じゃん!

バグカック、オマール、カシームの可愛さに気づいてしまっているので、3人がアラジンのために闘う姿がとにかく可愛いかったです。キャラがしっかり出ていて、あーーー可愛い。

あの自分たちでスローな動きをしているあのシーンとか可愛い以外の何でもないですよね(観た人に伝われ)。

劇団四季アラジンを観劇してみて

年を取るごとに(といってもまだ22歳です)”かっこいい”という感情が無くなりつつある私は、それを一応悩んでいる身でもあります。

何かをかっこいいと思えなくなっているのか、自分のなかでかっこいいというもののレベルが上がっているのか。

一つの理由が年下にかっこいいという感情が元々湧かない(湧きにくい)というのもある気がしていて。弟が3人も居るので自分より年下の子は弟にしかみえないと言いますか。

その原理で22歳にもなると、テレビに映るタレントが同い年か年下の割合が多くなり始め。。。普通に生活していて「かっこいい」と思える機会が今までと比べて減っているというのがあります。

話がそれましたが、ただ今日はひさしぶりに本気の「かっこいい」という感情を思い出すことが出来て感動しています。たぶん、アニメのキャラクタ―だから役なので。ジャニーズとかはもう”その子”だけど、アニメは”役”。まあいいや、とにかくかっこよかったです。

ジーニーの抜け感

ジーニーのあのラフな動きは、上手すぎませんか?何様って発言に聞こえて申し訳ないですが。抜けた演技というか(あえて)。ジーニーを人が演じているのに、今まで知っている私の中のジーニーが目の前で歌って踊っているというか。人なのにジーニー。

ずっと観てられるし、ジーニーの登場シーンも毎回楽しくて見入っちゃいました。床からぐるぐる回転しながら出てきたり、扉から出てきたり。煙や光も本当に魔法がかかっているようで世界観に引き込まれました。

アラジンがとにかくいい男

アラジンが可愛すぎる。ディズニーのプリンスって本当に”素敵な王子様”って感じの人が多い一方で、アラジンはそもそも王子じゃなく泥棒をしていたような子で。

だから親友と仲良く踊っているシーンがあったり、ジャスミンを初めて見たとき素敵すぎて止まってしまう感じだったり、ジャスミンを落とそうと頑張っている姿とか・・・とにかく男の子って感じ。

嘘をついてまでもジャスミンに近づきたくて王子になったものの、慣れない豪華な衣装を着て頑張ってたり、ジーニーの願いを叶えようとする優しい心をもっていたり。あ~~~~素敵だった~~~

まとめ

劇団四季アラジン

こんなに本気で拍手をしたのは人生初でした。スタンディングオベーションでした。なんかもう、心が洗われたというかなんというか。

今年1年、コロナでこういうものを観る機会がなかった1年になってしまった後の、今日。感動です。

アラジンということもあって、とにかく衣装がキラキラ輝いていてとにかくゴージャス。リトルマーメイドやキャッツとは違う豪華さがとにかく私好みでした。

間違いなくアラジンがいちばん好きです。(その3つの中では)

とにかくジーニーとアラジンがかっこよすぎて、ひさしぶりに人にハマりそうな予感が。来月中にもっと近くであの二人を観たい。表情が観えるような位置で、もっとあの舞台を楽しみたいと心から思いました。

まじで、みんな観て。まじで。

日々のストレスとか、落ち込んでいる人とか・・・というか、このコロナでどんよりしている今!もうなんか、変わる、何かが、自分の中で!(笑)

売り切れてたから無理だけど、明日も行ってしまいそうな勢いでした。1万円なんか安いと思ってしまえるぐらいの体験。

スタンディングオベーションって、どうやったらなるんだとか思ってたけど、なるわ。止まらない感動と涙と共に、立って拍手を送らなきゃ!って、自然になってしまった。本当に素敵な時間でした。

あ~、だめだ、あの瞬間を考えただけでまた涙が出てくる。キャストさんたち、こんな感動を毎日届けてるんだなぁ・・・。

神。

みなさん、メリークリスマス。

 

劇団四季アラジンの公式HPはこちら

▼関連記事▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA